うつ病障害年金を受け取る条件とはどういったものか知ろう

サイトメニュー

うつ病治療と障害年金

カウンセリング

うつ病治療の流れ

うつ病の治療には様々なパターンがあり、患者の症状に合わせて行っていきます。患者や周囲の人間は早急な改善を求める傾向にありますが、精神的または体力的な面を考慮して少しずつ緩和し改善することが重要です。また、患者にどのような症状があり、何が必要なのか見極める必要も重要です。うつ病の治療方法は大きく分類して3つに分けることができます。うつ病の治療を最適に行うためにも、この3つの治療方法を把握しておきましょう。

まずは休養

うつ病は精神的に疲弊しているため、まずは休息が何よりも大事です。初期段階では十分な休息を確保するため、離職または休職を行うのが懸命でしょう。また、元来うつ病になりやすい傾向にある方は、真面目で責任感が強く「休む」ということが苦手な傾向にあります。ですから、休息をとることに苦手意識が強いのです。しかし、この苦手意識を取り除かねばうつ病の根本的な治療が進まないので、家族や友人からの説明が難しい場合は医師に伝えてもらい休息の大事さを認識させましょう。

抗うつ剤を服用する

休息だけでは治療が十分でないケースも多々あるため、やはり薬の服用が重要になります。うつ病治療の薬はいくつかの種類があり、それらの総称を抗うつ剤と呼びます。ただ、患者の中には自分がうつ病であったり、精神病であることに否定的な考えを持つこともあり、抗うつ剤の服用を避ける場合もあります。しかし、抗うつ剤は服用を行うことで脳内神経伝達物質の分泌を促し、精神安定をはかる重要な役割を担っています。ですから、休息と合わせ処方された場合は必ず服用するよう説得しましょう。稀に副作用が起こりますが、先にお伝えしたように抗うつ剤はいくつかの種類があるので、医師と相談しながら変更や調整が可能です。

心理的治療の重要さ

先に紹介した治療と合わせ、「心理的治療」も平行して行うことでうつの症状が緩和し完治にむかいます。心理的治療とは、カウンセラーや医師と対話を行い心理的なアプローチで悩みを解決していく治療方法です。認知療法という認知のねじれを修復し、否定的な考え方や思考の癖を修正しうつの症状を軽くする治療が行われています。

治療と障害年金

うつ病治療には様々な方法がありますが、これらは残念ながら無料ではありません。したがって、離職や休職の期間中に治療する際には費用がかかります。給与が発生しない方は日々の出費が気になるでしょうが、そこは障害年金の申請で補填が可能です。障害年金とは、怪我や病気で職につくことが難しい方が受給できる年金となっています。ただ、この障害年金は受給するにあたり一定の条件を満たす必要があります。また、障害年金を申請するために必要な書類を用意するため、ある程度の時間や手間を要します。仮にうつ病とわかった場合、医師や住まいの市町村役場でしっかりと説明をうけ正しい申請を行いましょう。