うつ病障害年金を受け取る条件とはどういったものか知ろう

サイトメニュー

障害年金とはどういうもの

院内

障害年金の制度を知ろう

病気や怪我で仕事や生活に支障が出てしまう場合に支給される「障害年金」ですが、最近では精神疾患の場合でも受理されるケースが多くなってきました。しかしこの障害年金とは一体どういった仕組みなのかをしっかりと知っておく必要があります。まず初めに、年金というものは高齢者が定年を迎えて受け取るというイメージが一般的です。しかし、障害年金は年令に関係なく受け取る事が出来る制度になります。この対象となるのが「身体障害」「精神障害」「内部障害」の3つの障害で苦しんでいる人達になります。身体障害は「目が見えない」「耳が聞こえない」「手足に障害がある」といった身体のどこかしらに障害を抱えてしまった人を指します。精神障害はうつ病や精神疾患の病を発症した人を指します。また、内部障害は外見的には健常者に見えますが、内臓や消化器、免疫などに疾患を抱えている人を指します。これらの条件に当てはまる方は障害年金の受給対象になります。

障害年金と労働

障害年金の受給には一定の条件が定められています。その1つが障害の等級証明です。障害年金を受給するには、障害年金2級または3級の認定が必要です。障害の重さによって支給額が変わりますが、働きながら障害年金を受給することも不可能ではありません。3級レベルの方であれば、短時間労働や障害者枠の雇用などで働くこともできます。働きながら年金を受給することで生活を安定させることができるのです。