うつ病障害年金を受け取る条件とはどういったものか知ろう

サイトメニュー

うつ病のケアと障害年金

医者と看護師

うつ病のセフルケア

うつ病を発症するきっかけは様々なのですが、多くはストレスからくると考えられています。ストレスは適度であれば向上心を刺激したり強固な精神を鍛錬したりと有効に働くこともあります。ただ、それが過度に傾くと精神に負担となりうつ病となって危険信号を発します。うつ病は「休息」を必要とするサインなのです。ただ、うつ病になる方の多くは、我慢強く責任感があり真面目な性格であるため、この心のサインをつい見逃してしまうのです。

心のサインとは?

セルフコントロールを行うためには、日々の感情の動向を観察することが必要です。例えば、朝の起き抜けはどのような気持ちなのか、仕事中は、就寝前はなど1日のあらゆる場面で感情の起伏を観察するのです。特に重要なのがイライラや怒り、不満、不安を感じた場面です。ネガティブな感情や考えは人として正常な反応ですが、その回数が多い場合は過度なストレスを感じていることがあります。ネガティブな感情が起こる場面はパターン化していることも多いので、自分は何が負担に感じるのか自分で知っておくことがセルフケア、セルフコントロールのポイントです。

セルフチェックでうつ病を軽くしよう

何かや誰かの存在にストレスを感じた場合は、そのことから物理的に距離をおき休息しましょう。また、その兆候を強く感じた場合はリフレッシュできることを行いストレス軽減を行ってみましょう。運動やカラオケ、読書やおしゃべりなど方法は自分が好きなことで構いません。中には睡眠が足りない方もいるでしょうから、寄り道せず自宅に帰りたっぷりと睡眠をとることもセルフケアとして十分有効でしょう。

それでも症状が改善しないなら

医療機関で正しい治療を行い、必要なら抗うつ剤の服用を行いましょう。うつ病を発症した場合、その治療費の補填のために障害年金を受け取ることができます。ただ、障害年金の受給には一定の条件があります。年金納付の状況やうつ病の等級の確認、必要書類の申請など障害年金を受給するまでには時間がかかります。障害年金を有効に活用し治療に専念することで、早期復帰も可能になります。